黄電(名城線・東山線)運行時間・運行状況は?黄電に出会う確率は? | ひじりノート

黄電(名城線・東山線)運行時間・運行状況は?黄電に出会う確率は?

イベント/おでかけ

黄電メモリアルトレイン名城線・東山線の運行時間や運行状況はどうなっているのか知りたいですよね。

それぞれ1本ずつしか走っていないようですが、出会える確率はどのぐらいなんでしょうか。

そこで、

・黄電(名城線・東山線)の運行時間や運行状況

・黄電(名城線・東山線)に出会える確率

・黄電(名城線・東山線)の運行期間はいつまでか

について紹介していきます!


黄電(名城線・東山線)の運行時間・運行状況は?

黄電が走る運行時間は日にちによって違うため、数日前から運行時間を知ることはできません。

基本的に1本走っているのですが、特に平日は午前中車庫にいて午後から運行するということもあるみたいです。

1時間待てば黄電と遭遇する可能性も高くなると思いますが、このように走っていない時間があることを知らずに待ち続けるのも嫌ですよね。

・たまにしか電車に乗らない
・何かの用事で名古屋にきた
・子供に見せてあげたい

など、この日にどうしても見たい場合は、

運行当日の午前9時以降に電車運転課へ問い合わせ


をすれば、黄電の運行状況など詳細を教えてもらえるみたいですよ!

電車運行課の電話番号は、052-972-3858 です。

電話で問い合わせをしない場合に、黄電に出会える確率はどのくらいなのか調べてみました。

黄電(名城線・東山線)に出会える確率はどのくらい?

黄電に出会える確率は、名城線と東山線で異なります。

黄電に出会える確率は、

東山線    : 48分の1

名城線・名港線: 36分の1

でした。

その日によって運行時間も違うため、出会える確率は低いですね。

問い合わせをせずに、黄電に出会えたら、なんか良い日な気がしちゃいます(^^♪

だけど中には、高確率で黄電に出会うという方もいましたよ。

電車に毎日乗るのか、たまに乗るのかで人によって黄電に出会う確率は変わってくるかもしれませんね。

出合えたら嬉しい黄電はいつまで走っているのでしょうか。

黄電(名城線・東山線)運行期間はいつまで?

黄電の運行期間は、名城線・名港線と東山線では異なります。

東山線     :2022年8月1日から2023年1月22日まで

名城線・名港線 :2022年8月8日から2023年1月29日まで

です。

名城線・名港線の方が、後から運行されたため、終わる日にちが違います。

この期間を逃すと、走っている黄電に乗ることや見ることはできなくなるので、気を付けてくださいね。

まとめ

黄電の運行時間は、日にちによって違うため決められていませんでした。

運行当日の午前9時以降に電車運転課に問い合わせをすれば詳細を教えてもらえるので、待たずに見たい方は電話したほうがいいですよ。

電車運行課の電話番号は、052-972-3858 です。

問い合わせをせずに黄電車に出会える確率は、

東山線が48分の1
名城線・名港線が36分の1


となります。

出合えたらラッキーですね!

黄電の運行期間は、

東山線     :2022年8月1日から2023年1月22日まで

名城線・名港線 :2022年8月8日から2023年1月29日まで

と路線によって違うので気を付けてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました