下田紗弥加の年は?32歳前後なのか経歴やwikiプロフも調査! | ひじりノート

下田紗弥加の年は?32歳前後なのか経歴やwikiプロフも調査!

トレンド

日本人女子で初めてドリフト世界一になった下田紗弥加さんの年齢が非公開となっていますが、いくつぐらいなのでしょうか。
どのような方なのか経歴も気になりますよね!

この記事では、下田紗弥加さんの経歴と、年齢が32歳前後だと推測した理由やwikiプロフィールを紹介します。

下田紗弥加の年齢は?

下田紗弥加さんの年齢は非公開となっています。
誕生日は、4月19日ということだけ公表されています。

年齢が非公開の理由がわかりませんが(^^;

高校卒業時点で、18歳。
そこからOLで働いた後、テーマパークなどで5年間働いています。

この時点で、23歳以上なのは確実ですよね。
OL時代を入れたら、24歳ぐらいからドラフトの道にいったと思われます。

そこから1年間ほどサーキットで練習をしているので、初めて試合に出ようと思った2016年が、25歳や26歳ぐらいだとしたら、2022年は31歳か32歳?

本当かどうかわかりませんが、このような理由から下田紗弥加さんの年齢は32歳前後ぐらいなのかなと思いました。

下田紗弥加さんがテーマパークで働いていたなどの経歴を紹介していきますね。

下田紗弥加の経歴は?

下田紗弥加さんは学生の頃、バレーボールのプロになるのが夢で高校も特待生として入学するなど実力があったのですが、ケガを理由に3年生の時にバレーボール選手になる夢を諦めることにしたのです。

そして、大学には金銭的な理由で進学せずに高校卒業と同時にOLとして就職することになったのです。

下田紗弥加さんはバレーボール選手になるという夢がなくなり、腑抜け状態だった時にエンターテイメントの世界に救われたことで、自分も誰かを笑わせる仕事をしたいと思うようになり、大手テーマパークのスタッフに転職されました。

そして、何かを始めるのにお金を理由に諦めないようにテーマパークの仕事以外にもスポーツジムのインストラクターや派遣の仕事などをこなし、過労で倒れて救急車に運ばれたりもしながら5年間昼夜問わず働き続けてお金を貯めていきました。

お金がたまり、自分が何をしたいか考えた時に、「レーサーになりたかったんだ」と気づいたそうです。

その中でもドリフトを選んだのは、お台場で「D1グランプリ」のポスターを見たことを思い出して

「そういえば、お台場でドリフトの大会が開かれてたな。ドライバーやってみたいし、一回、プロの世界っていうものを見てみようかな」

https://bunshun.jp/articles/-/53674?page=3

と実際見に行ってみたら感動し、「いつか私もこの場に立とう」と「ドリフトのドライバーになる」という理由で全部の仕事を辞めたのです。

そこから下田紗弥加さんのドリフトへの道が始まります。

ドリフトの世界に入ってから

学生時代から車が好きだった下田紗弥加さんですが、車の免許はAT限定でした。
だけどプロになりたいがゆえに、マニュアルの免許がないのに、マニュアルのFD(マツダ・RX-7)を買ったと言うから驚きです。

マニュアル車を買った後に、教習所で限定解除をしに行き、最初はエンストばかりで後続車からクラクションを鳴らされたりと苦労したみたいです。

マニュアル車が乗れるようになったら本格的なドリフトを練習しに毎日サーキットに通いだしました

最初は運転が上手ではない下田紗弥加さんを相手にしていなかったスクール代表の佐藤謙氏さんも毎日基礎を一生懸命練習している下田紗弥加さんの熱意を認め競技用の車両の貸し出しや、D1の現場にスタッフとして連れて行くなど、師弟関係のようになっていきました。

しかし、練習中に事故をして血まみれになったこともあったので、親からはドリフトのドライバーになることを反対されていたのです。

お母さんも昔シルビアに乗っていたというので下田紗弥加さんの車好きはお母さんの遺伝のようですが、そんなお母さんからは

「女の子なのに顔に傷ができたらお嫁に行けなくなっちゃう」「心配だからやめてほしい」

https://bunshun.jp/articles/-/53674?page=5

と言われました。
しかし下田紗弥加さんは、

「申し訳ないけどこれは私の人生だから私に決めさせてほしい、人生を賭けると決めたことだから」

https://bunshun.jp/articles/-/53674?page=5

と伝え、毎日のようにサーキットで練習している下田紗弥加さんを見て最終的に認めてもらえたそうです。

親なら心配になってしまいますよね(^^;

ただ、サーキットに1回練習しに行くだけで10万ほどかかるため、下田紗弥加さんは貯めたお金がなくなるまでに結果がでなかったら諦めると決めていました。

2016年に初めて大会に出ようと決めましたが、大会の最中に大きな事故があったため開催されず、2018年に初めて大会に出場したところ、良い結果が出たため、正規の出場権を得られたといいます。

ここから下田紗弥加さんのドリフト選手としての活動が始まるのですね。

今までの成績がこちらです。

2018年~:D1LIGHTS参戦する

2019年:D1 ALL STAR SHOOT-OUT@お台場 ショットガントーナメント 優勝

2019年:IDLC-International ドリフトレディース世界大会@中国・北京 優勝

2021年:D1ライツ第4戦日光大会 第3位入賞。D1GPライセンス取得

2022年:D1GP(ドリフト競技の最高峰)とD1ライツに参戦

2021年には群馬県安中市の観光大使に就任したり、YouTubeやインスタ、TwitterなどSNSでの発信に、ファッションブランドとのコラボでモデル、2022年には「NEXT 10 YEARS」の広報部長などさまざまな活動をされています。

下田紗弥加さんのwikiプロフィールを紹介します。

下田紗弥加のwikiプロフィール

[名前] 下田紗弥加
[出身] 千葉県
[身長] 168㎝
[誕生日] 4月19日
[年齢] 非公開(2022年時点で32歳ぐらい?)
[血液型] A型
[ペット] 犬

下田紗弥加さんは千葉県出身です。
もしかしたら大手テーマパークはディズニーランドかもしれませんね。

下田紗弥加さんにはゲーマーの弟さんがいます。
ゲームセンターで頭文字D対決をしたり、ドリフトをするのに乗車させたりととても仲が良いようです。

下田紗弥加さんのかわいい画像や、グッズについては下記に記事で紹介しています。
⇒下田紗弥加は結婚してる?かわいい画像やグッズを紹介!

まとめ

下田紗弥加さんは高校卒業後にOLとして働いたのち、テーマパークのスタッフに転職して5年ほど働いてからドリフトの道に進んでいます。
2016年時点で大会に出場することを考えていたことから、2022年現在の年齢は32歳前後ではないかと予想しました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました