Twitter有料化の内容は?いつからで値段はいくらになる? | ひじりノート

Twitter有料化の内容は?いつからで値段はいくらになる?

トレンド

Twitterがイーロン・マスク氏に買収されて、Twitterが有料化される!と話題になっていますね。

Twitterが有料化されるとなると気になるのが、いつから、何が有料になって値段はいくらになるのか?ですよね。

そこで今回は、

・Twitter有料化の内容の詳細
・Twitter有料化はいつからなのか
・Twitter有料化の値段はいくらなのか

について紹介していきます。

Twitter有料化の内容は?

Twitterがイーロン・マスク氏に買収され、有料科されるのではと話題になっていますが、2022年11月9日時点ではまだ検討中の段階です。

検討されているTwitter有料化の内容を調べてみました。

・一定時間は無料だが、一定時間を過ぎると課金が必要になる(信憑性に欠ける内容)

・月額約1200円で認証バッジが付与される

・Twitterブルーが月額約1200円になる

・著名人にDM送るのが有料化される

・動画を見るために視聴料を払う有料ビデオが解禁される

・ハッシュダグが有料化する可能性がある(噂になっているだけで不明)

Twitterの利用が全て有料化になるわけではなくて、一部サービスが有料化されることが検討されています。

認証バッジを利用しているのは、芸能人や公式サイトだったりするので、一般の私たちに関係があるとしたら、一定時間は無料で利用できるけど、一定時間を過ぎると課金が必要になってくる可能性があるというところでしょうか。

2022年11月10日時点ではまだ検討されているというだけで決定ではありません。

そのため、一定時間というのがどのぐらいになるのか、1日なのか1ヶ月なのか、いくら課金が必要なのかはまだ不明のままです。

ただし、一定時間過ぎたら有料化になるという情報は、内部に詳しい関係者から聞いた話と報道されていることから、信憑性にかけるため、本当かどうかもわかっていません。

とりあえず、普通に利用するだけなら、今までと変わらず無料で利用できる可能性が高そうですね。

Twitterが有料化されるとしたらいつから?

まだ、Twitterの有料化が検討されている段階なので、いつから有料化になるのかはわかっていません。

しかし、2023年内にはTwitterの一部で有料化が始まりそうな予感はします。

まだ検討段階で、公には発表があったわけではないので、有料科の話がなしになる可能性も十分考えられます。

詳しいことはわかり次第追記しますね。

Twitterが有料化されたら値段はいくらになる?

Twitterが有料化されたらいくらになるのかも、現段階では不明です。

認証バッジやTwitterブルーは月額1200円で検討されていますがそれ以外は何も情報がありませんでした。

Twitterの利用自体にお金がかかる可能性は低いため、課金が必要だとしたら、

・著名人にDM送るのが有料化される
・動画を見るために視聴料を払う有料ビデオが解禁される


・ハッシュダグが有料化する可能性がある(噂になっているだけで不明)
・一定時間は無料だが、それ以降はお金がかかる(信憑性に欠ける)

などですね。

あまりにも高い金額だと、Twitterを利用する人が離れてしまうため、500円前後ぐらいでしょうか。

詳しい情報がわかり次第こちらも追記しますね。

まとめ

Twitterが有料化されると話題になっていますが、現段階ではまだ検討中であるため、実際に有料化されるかはわかっていません。

Twitter有料科の内容も、

・一定時間は無料だが、一定時間を過ぎると課金が必要になる(信憑性に欠ける内容)

・月額約1200円で認証バッジが付与される

・Twitterブルーが月額約1200円になる

・著名人にDM送るのが有料化される

・動画を見るために視聴料を払う有料ビデオが解禁される

・ハッシュダグが有料化する可能性がある(噂になっているだけで不明)

と色々ありますが、信憑性に欠けるものもあります。

とりあえず、一部機能が有料化されるだけで、一般の人が利用する分には今まで通り無料で利用できる可能性が高い言われているので一安心ですね。

Twitterの有料化時期も不明で、可能性があるとしたら、2023年内ではないかと予想されています。

すべてにおいて、不明なことが多いTwitter有料化ですが、今まで通り楽しく利用できるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました