小池龍太(サッカー)のプレースタイルは?成績・年俸・評判についても! | ひじりノート

小池龍太(サッカー)のプレースタイルは?成績・年俸・評判についても!

トレンド

2022年EAFF E-1サッカー日本代表選手に選出された横浜F・マリノスの小池龍太選手が、JFLから日本代表まで上り詰めたと話題になっていますね。

小池龍太選手がどのようなプレースタイルなのか気になりますよね♪

そこで今回は、

・小池龍太のプレースタイル
・小池龍太の成績
・小池龍太のプロフィール
・小池龍太の年俸
・小池龍太の評価・評判
・小池龍太のケガ

について紹介していきますね。

小池龍太のプレースタイル

小池龍太のプレースタイルは、肉体的なタフさと攻撃時には柔軟なポジショニングでビルドアップし、攻守の切り替え時には一気に自陣まで戻って守備でも強さを発揮します。

さらに両サイドバックだけではなく、ボランチもこなすなど複数のポジションを高いレベルでこなすのも魅力的な一つです。

右サイドバックだけではなく手薄な左サイドバックも高度なプレーできるので、日本代表の試合では左サイドバックで活躍されるのではないでしょうか。

複数ポジションができるのは強みですね!

小池龍太の成績

小池龍太選手の今季の成績(2022年7月15日時点まで)を紹介しますね。

出場試合数16
先発14
フル13
交代2
得点3
シュート12
シュート決定率21.4%
警告0
退場0
アシスト数2


左足得点数が1得点、右足得点数が2得点で合計3得点決めています。

1試合平均敵陣パス数は33でリーグ7位
1試合平均プレー数は73.6でリーグ7位
1試合平均チャンスクリエイト数は1.6でリーグ21位です。

小池龍太のプロフィール

小池龍太選手のプロフィールを紹介しますね。

[名前] 小池龍太(こいけ りゅうた)
[生年月日] 1995年8月29日
[年齢] 26歳(2022年7月時点)
[愛称] リュウ、
[出身地] 東京都八王子市
[身長] 169㎝
[体重] 64KG
[所属チーム] 横浜F・マリノス
[ポジション] ディフェンダー(DF)
[利き足] 右足

小学校時代は横河武蔵野FCのジュニアでプレーをし、中学進学時にJFAアカデミー福島に3期生として入校しました。

高校2年生まではミッドフィルダー(MF)として攻撃的なポジションでU-18プレミアリーグに昇格されましたが、高校3年生の時にサイドバック(SB)に変更されました。

高校卒業時にはJリーグからのオファーがなかったため、レノファ山口FCに入団し、入団1年目から活躍しています。

2016年11月22日にJ1・柏レイソルに完全移籍し、レギュラーポジションを奪取したりと活躍を見せた後、2019年8月8日にベルギー・ファースト・ディビジョンB・スポルティング・ロケレンへ完全移籍しましたが、2020年にロケレンが破産宣告を受けて、現所属チームである横浜F・マリノスに完全移籍しました。

レノファ山口FC時代はアマチュア契約であったため、サッカースクールのコーチのアルバイトをしながら生計をたてていました。

小池龍太選手はサッカー選手として生活していける目途がたった2016年7月に結婚しており、2017年12月に長男が誕生しています。
今は4歳の年中さんですね。

息子さんと一緒にサッカーで遊んでいるかもしれませんね(^^♪

小池龍太の年俸

小池龍太選手の年俸について調べてみたところ、2022年の年俸は3500万円との情報がありました。

2021年(横浜F・マリノス):2500万円
2018年(柏レイソル)   :1500万円
2017年(柏レイソル)   :480万円


アマチュア時代はアルバイトをしながら月収15万円ほどで生計をたてていましたが、今では3500万円!
凄いですね。

小池龍太の評価・評判

小池龍太選手はJFA、J3から日本代表に選ばれるなんて夢があると話題になっています。

多くのファンが、夢がある、代表入りに感動した、頑張って欲しいと小池龍太選手の活躍を応援しています。

小池龍太のケガは大丈夫?

小池龍太選手のケガは大丈夫なの?とあったので調べてみたところ、6月11日の練習中に負傷し、左ハムストリング肉離れと診断をうけ、全治4週間かかると言われていました。

選出が決まった時には全治4週間は過ぎていましたが、実際は問題なく動けるのか情報がなくてわかりませんでした。

選出されたということは大丈夫だと思うのですが、無理してほしくないけど、試合にでて結果を残して欲しいという気持ちもありますよね。


まとめ

小池龍太選手のプレースタイルは肉体的なタフさと攻撃時には柔軟なポジショニングでビルドアップし、攻守の切り替え時には一気に自陣まで戻って守備でも強さを発揮できます。

両サイドバックだけではなく、ボランチもこなすなど複数のポジションを高いレベルでこなすのも魅力的な一つですね。

山口時代はアルバイトもし月収15万円で生活をしていた小池龍太選手が今では3500万円の年俸に、夢である日本代表の選出にも選ばれ、ファンからは小池龍太選手の努力が実って感動したとの声がたくさんありました。

6月にケガをされたとのことで心配ですが、日本代表試合で活躍する姿が見れるのが楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました